ベーシックインカム要求者組合
ベーシックインカム要求者組合
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベーシックインカム、ペイエクイティ、生活賃金、家事労働

そういえば、週末は以下の学会が滋賀でありますね。
「結論を少しだけ先取りすれば、女性たち が、ひとり親として生活していくための「生活賃金」を要求していくという点で、 ベーシックインカム、ペイエクイティ、生活賃金の要求には共通点があったことが明 らかになろう。」(趣旨説明より)
いろんな立場の人にとって、おもしろそうです。



ベーシックインカムへのフェミニスト的接近:
ペイエクイティ、生活賃金、家事労働

日時:2008年4月19日(土) 午前9時より
会場:滋賀大学彦根キャンパス(滋賀県彦根市, JR東海道本線・琵琶湖線、彦根駅 降車)
最寄り駅:JR東海道本線(琵琶湖線)彦根駅
参加費:会員 2000円, 非会員 3000円(学生は2000円)

趣旨説明: 共通論題座長 山森 亮(同志社大学)

 近年ベーシックインカム構想が、日本においても注目を集めつつある。英語圏の研究においては、福祉国家の危機以降ワークフェア的な政策動向が顕在化するなかで、 それへの対案として注目を集めてきた。日本においても一方で生活保護などの領域で 「自立支援」という名前でワークフェア的政策の導入が図られ、他方で貧困問題が多 数派の目にも顕在化してきた状況のなかでここ数年議論が活発化している。
しかしながらこの構想が、女性たちの運動から、家事労働への賃金要求という形を もとりつつ出てきたことは、英語圏においても日本においても、ベーシックインカム 研究のなかでは殆ど言及されることはない。また現在ではいくつかの国でジェンダー 平等のための政策パッケージの一部として、ペイ・エクイティなどの労働政策と並べ て要求されていることも、日本ではそれほど知られていない。他方フェミニスト経済 学日本フォーラムに集う研究者のあいだでは、ペイ・エクイティや生活賃金(リビン グ・ウェイジ)などについての研究や、家事労働論などの研究について、優れた研究 蓄積がある。これらを踏まえて、本フォーラム独自の視点からのベーシックインカム 構想への接近として、一方での家事労働の可視化の動きと、他方でのペイ・エクイテ ィ、生活賃金などの労働分野でのジェンダー平等を求める動きと、ベーシック・イン カムがどう関連しているか、また関連しうるのかについて議論を行いたい。
このような問題設定での学問的シンポジウムは日本のみならずおそらく英語圏でも ほとんど行われていないように思われる。結論を少しだけ先取りすれば、女性たち が、ひとり親として生活していくための「生活賃金」を要求していくという点で、 ベーシックインカム、ペイエクイティ、生活賃金の要求には共通点があったことが明 らかになろう。しかしこれらには看過できない相違点もあるだろうし、また別の共通 点もあるかもしれない。これらが明確になり、またアンペイドワークをめぐる議論が これらとどのように関連するのか、そこからどのようなジェンダー平等に向けた政策 パッケージが考えられうるのかについて議論を深めることができれば、本共通論題の 所期の目的は達成されたことになる。そして例えばひとり親世帯の労働、福祉、家計 など、共通論題テーマに関連して、本フォーラム会員の優れた研究蓄積があるので、 会員相互の活発な議論の時間を保障すべく指定発言者(報告者と討論者)を6人では なく5人にしている。労働研究と福祉研究、実証と理論、歴史研究と政策提案、など の垣根を超えた議論を通じて、フェミニスト経済学ならではの何かが生み出さること を期待したい。

報告者

山森亮 「家事労働に賃金を」:ベーシックインカム運動とジェンダー
居城舜子 「ペイ・エクイティ運動と生活賃金運動」
小沢修司 「ベーシックインカムの可能性と労働」
討論者伊田久美子 田村哲樹

スポンサーサイト



プロフィール

cubasicincome

Author:cubasicincome
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。